スラング

wasted「ウェイスト」ってどんな言葉?スラングの意味や使い方

更新日:

「wasted」という単語にはどのような意味があるのか?

この記事では「wasted」の意味や使い方などを例文を交えて説明していきたいと思います。

「Wasted」の意味

「wasted」という言葉の意味は主に以下のようなものがありました。

・役に立たなかった、無駄な

・へばった、疲れきった、衰弱した

・ドラッグでハイになった、アルコールで泥酔した

・死んだ、殺された

このように、「wasted」の意味はあまり綺麗な言葉ではないので注意して使う必要があります。

また、「wasted」の読み方は「ウエィスト」です。

スポンサーリンク





「Wasted」の例文

「wasted」という言葉にはどのような例文があるのか説明していきます。

・Wasted efforts.
無駄な努力

・a wasted movement.
無駄足だった

・wasted experience.
無駄な経験だった

・My physical strength wasted away.
私の筋肉が衰えた

・be wasted
アルコールで泥酔した

・wasted him
彼は死んだ

・She is wasted
彼女は酔っ払っている

スポンサーリンク





大ヒット作品のTVゲームであるGTA(グラセフ)で主人公が死んだ時に表示される

私がこの「Wasted」という単語を知ったのもこの「GTA」というTVゲームで主人公が死んだ時に表示されたのがキッカケでした。

また、「GTA」で死んだ時に出てくる「Wasted」の意味は、”死んだ”または”殺された”という意味です。

米国英語なのでアメリカ以外の英語圏では通じないこともある

私の友人にオーストラリア人の方がおられるんですが、ふとした時に「死んだ」という意味で「Wasted」と言ったことがあります。

そしたら「Bursted?」と聞き返されました。

当時は、説明できるほどの英語力がなかったのでお互い頭の中に「?」が浮かんだ状態でした。

翌々調べてみると、「Wasted」の「死んだ、殺された」という意味は、どうやら米国英語のスラングだそうです。

今となっては通じないのも頷けます。

ですので、スラングを使用する際は相手の出身国によっては通じないことがあるので注意しましょう。

スポンサーリンク





Twitterで「wasted」をワード検索してみた

Twitterで「wasted」という言葉がどのようにして使われているか検索してみました。


「wasted」をTwitterで検索するとこのような結果が出てきました。

スポンサーリンク




オススメのオンライン英会話

DMM英会話

・国籍100ヵ国以上の講師が7000人以上在籍
・65種類の教材が全て無料で使える
・24時間365日いつでもレッスンが受けられる
・iknowという学習アプリが入会したら無料で使える

レアジョブ

・1レッスン129円〜レッスンが受けられる
・累計会員数60万人以上
・ビジネス英会話にも強い
・4000人以上の講師が在籍している
・日本人のカウンセラーがあなたの学習をサポート

ネイティブキャンプ

・月額5,500円で無制限で何度でもレッスンが受けられる
・24時間365日いつでもレッスンが受けられる
・レッスンの予約がいらない
・ブラウザを使ってレッスンをするのでスカイプの初期設定が不要
・カランメソッドが受けられる

-スラング

Copyright© 英語学習サポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.