イングリッシュベル オンライン英会話

イングリッシュベル(english bell)のDMEメソッドの口コミ 評判は?

更新日:

現在、約140社ほどのオンライン英会話のスクールが様々な料金プランで、様々な国籍の講師を採用して生徒を募集しています。

以前に数えた時は170社近く存在していたのでいかにオンライン英会話の業界が競合しあってるかがわかりますが、今回はそのうちの1つである、イングリッシュベルについて紹介したいと思います。

>>イングリッシュベルの無料体験レッスンを見てみる

イングリッシュベルの特徴と詳細

24時間レッスンを受講できる

本来、イングリッシュベルのようなフィリピン人の講師を採用しているオンライン英会話スクールは、日本とフィリピンの時差は1時間しかないので深夜はレッスンを提供していないところがほとんどです。

ですが、イングリッシュベルは24時間レッスンを提供しているのであなたのご都合に合わせていつでもレッスンが受講できます。

カランメソッドが受講できる

イングリッシュベルでは、カランメソッドのことをイギリス生まれの英会話メソッドと表記しています。

一般的には4倍のスピードで英語を習得できると言われている学習方法です。

カランメソッドは、1960年代にイタリアのベルリッツスクールで働いていたMr.カランという方が、ベルリッツスクールで働いていた経験を生かしてイタリア人の生徒のためにつくられた学習法がカランメソッドの始まりです。

Mr.カランはイタリア人の生徒をカランメソッドで教えるにあたって効果を実感できたので、イギリスのオックスフォードストリートにスクールを開校しました。

今では世界30カ国、500校近くが導入しており、ロンドン本校では夏季の繁盛期に1日あたり2000人以上の生徒が英語を学んでいる、ヨーロッパ最大規模の私立英会話学校が導入している学習方法がカランメソッドです。

イングリッシュベルのカランメソッドのレッスンを実際に受講した映像

こちらがカランメソッドのレッスンを受講した場合の映像です。

まず、講師が例文を2回繰り返して読み上げます。

これに対してあなたは例文の回答をフルセンテンス(全文)で答えなければいけませんが、やはり初めは全文での回答で答えるのは難易度が高いので講師が解説してくれます。

初めはこの繰り返しです。ですが、繰り返し反復練習をしていくうちに嫌でも覚えますので、最終的には自然と口から回答が出てくるようになります。これがカランメソッドです。

カランメソッドの効果と特徴

レッスンの最初は必ず、前回のレッスンの復習から始まります。

復習から始まり、レッスンが終盤に近づくにつれて、同じ文章、単語、熟語、言い回しが何度も登場してきます。

これには意味があって、繰り返し復習することによって知らず知らずのうちに何度も登場してきた同じ文章、単語、熟語、言い回しが嫌でも勝手に頭に叩き込まれます。

また、同じところを常にネイティヴスピーカーと同じスピードで話すのでリスニングも鍛えられます。

こうすることによって、「英語で理解して英語で話す英語脳」になるのでいちいち日本語に変換せずにすむので英会話が上達していきます。

カランメソッドの実績

先ほど紹介したヨーロッパ最大規模の私立英会話学校であるロンドン本校のスクールでは生徒全員に、万が一「ケンブリッジ英検プレリミナリー」の試験に予想された時間数で合格できなかった場合、合格するまで無料レッスンを与えることが書かれた法的に有効な保証書を発行しています。

このメソッド以外の勉強方法を採用した生徒が350時間で合格するのに対し、このメソッドで学習した生徒は4分の1の時間にあたる、約80時間で合格しています。これが、「カランメソッドは4倍のスピードで英会話を習得できる」と言われる所以です。

イングリッシュベルでは、こちらの保証書は発行しておりませんが、レッスン内容はロンドン本校のスクールと学習方法をオンラインで行っています。つまり、この実績がイングリッシュベルでも反映されます。

カランメソッドの欠点

カランメソッドには今までは、重大な欠点がありました。

それは、古くから愛用されていたが故に教材に出てくる文章や文法のみならず語彙までもが古く、現在では使用されていないような表現が多く出ていたことです。

例えば、wirelessという単語が→wi-fiという単語に改変されていたり、インターネットやeメールという新しい単語も登場するように、2012年にアップデートされて新エディションになりました。

そこで、教材が新しくなれば必然的に、講師は新エディションのカランメソッドに対応するためのトレーニングが必要です。

しかし、イングリッシュベルの講師は2012年7月27日に新エディションのトレーニングを完了しているので、カランメソッドの欠点である古い表現の文章や文法の教材でのレッスンを終了しています。

ですので、イングリッシュベルは2012年7月27日より新エディションのレッスンの提供が行われているので、わざわざ古い単語で覚えてから新しい表現方法に置き換える必要がありません。

DMEメソッドが受講できる

DMEメソッドは別名ダイレクトメソッド(直接教授法)と呼ばれており、またの名を、現代のカランメソッドとも呼ばれており、カランメソッドの進化版です。

DMEメソッドを開発して、一躍有名にしたのは数々の大手企業が提携して英会話の学習に利用しているベルリッツという英会話スクールの創始者であり、アメリカの語学教育家であるMr.ベルリッツです。

ベルリッツは通学型の英会話スクールですが、イングリッシュベルはオンラインで英会話のレッスンを提供しているので、オンラインでDMEメソッドのレッスンを受講することができます。

イングリッシュベルのDMEメソッドを実際に受講した映像

こちらが、DMEメソッドのレッスンを実際に受講した場合の映像です。

まず、講師が例文を2回繰り返して読み上げます。

これに対してあなたは例文の回答をフルセンテンス(全文)で答えなければいけませんが、やはり初めは全文での回答で答えるのは難易度が高いので講師が解説してくれます。

初めはこの繰り返しです。ですが、繰り返し反復練習をしていくうちに嫌でも覚えますので、最終的には自然と口から回答が出てくるようになります。ここまではカランメソッドと同じ学習方法です。

DMEメソッドの特徴

DMEは数あるダイレクトメソッドの中でも新しい英語学習メソッドです。

DMEメソッドは3~4年に一度程のペースで新しいエディションに進化するため、常に最新の内容でタイムリーな話題を元にレッスンをすることができるのが特徴です。

現在は日本では2014年より使用が開始された最新のDME 3rdエディション(International edition 2013)が使用されています。

つまり、3〜4年で最新の話題に更新されるのがカランメソッドとDMEメソッドの違いです。

 

カランメソッドとDMEメソッドの比較と違いについて

カランメソッドとDMEメソッドは一見、違いがわかりません。

そこで、どう違うのか?比較してみました。

メソッド(学習方法)の内容はどちらも同じ

カランメソッドとDMEメソッドは直接教授法と言う同じ学習方法です。

では、「明確な違いは何か?」と言いますと新エディションに変わる更新頻度が違います。

次に更新頻度の違いについて説明していきます。

カランメソッドは新エディションへの更新が不定期

カランメソッドは2012年の6月25日に新エディションの販売が開始されるまではずっと1960年台にイタリア人生徒のために作られた教材が使われていました。

つまり、2012年になるまでは、1回も更新されずに同じ教材で、古い表現や言い回しが使われていました。

DMEメソッドは3〜4年ごとに更新される

DMEメソッドは3〜4年ごとに内容が更新されるので、常に最新の内容・語集でタイムリーな話題をもとに英語が学べます。

さらにレストランや空港、お店などで想定されるシチュエーショナルな場面を想定したエクササイズもあるので、カランメソッドよりは実用的な内容が楽しく学べます。

>>イングリッシュベルのDMEメソッドを見てみる

イングリッシュベルのメリット

イングリッシュベルは他社とどう違うメリットがあるのかを紹介します。

イングリッシュベルは支払いが自動で更新されない

DMM英会話やレアジョブなどの他社の毎日25分のレッスンの料金プランだと、月額の料金プランになるので、あなたが入会した日が15日だった場合、毎月の15日が自動更新日なるので、勝手に料金が引き落とされてしまいます。

ですが、イングリッシュベルの場合、ポイントがなくなるたびにポイントを購入するシステムなので、「入会したまんまレッスンを受講するのを忘れた」や「退会するつもりだったけど勝手に翌月の料金が引き落とされてた」というミスを防げます。

イングリッシュベルは講師の勤務先がオフィス

イングリッシュベルの講師は全てフィリピン人で、講師の勤務地はオフィスです。

「勤務地がオフィスだと何がメリットなのか?」

「逆に勤務地が決まってるとレッスンの料金が上がるのではないか?」と思ってないですか?

フィリピンの自宅からのレッスンだと日本では考えられないようなことがおきます。

フィリピンの自宅からだと電波が悪いことがある

日本の全国の住宅地からスカイプを繋げても繋がりにくいことはあまりないでしょう。

しかし、フィリピンの場合、インフラ整備が日本より整っていません。

仮に、講師がフィリピンの首都のマニラに住んでると言ったとします。

いくらなんでも首都のマニラに住んでるならネットに繋がると思うかもしれませんが首都のマニラの全てが都会という訳ではありません。

マニラの端っこのほうに行けば道が整備されていないようなところもあれば、ネットの電波状況が悪いところもあります。

自宅からのレッスンだと日本では考えられない生活音がする

日本の住宅街は、近隣の住民に迷惑がかからないように静かにするように心がけていますので比較的静かです。

ですが、フィリピンの住宅街だと場所によりますが、普通に朝からニワトリの鳴き声が聞こえてくることがあります。

日本では体験できない異文化を体験できて楽しいとも言えますが、さすがにレッスン中にニワトリの鳴き声が聞こえると集中できません。

これらのことを考慮するとオフィスからのレッスンはメリット

勤務先がオフィスだと、インフラ整備が整ってなくて、ネットの電波状況が悪くてレッスン中に通話が途切れる心配がない。

ニワトリの鳴き声などの日本の住宅街では考えられないような生活音が聞こえてこない。

この2つを考慮するだけでも講師の勤務先が自宅ではなく、オフィスというのがいかにメリットかわかるでしょう。

イングリッシュベルはポイントの期限が40日

イングリッシュベルの料金プランは、月額制ではなく、ポイントがなくなるたびにポイントを追加購入する料金プランです。

ポイント制の料金プランだと、重要になってくるのはポイントの有効期限です。

もし、購入したポイントが1ヶ月で消費できなくて、ポイントの有効期限が30日だと購入したポイント1ヶ月で消滅してしまいます。

ですが、イングリッシュベルの場合、1ヶ月でポイントを消費できなくても有効期限が40日なので、10日間の猶予があります。

イングリッシュベルのデメリット

イングリッシュベルはレッスンの単価が高い

イングリッシュベルの1回のレッスン単価は385円です。これは他社と比較して高いのか比較してみました。

イングリッシュベルと他社の1回のレッスン単価の料金比較

イングリッシュベル DMM英会話 レアジョブ
385円 138円 129円

このように、DMM英会話とレアジョブは100円台に対して、イングリッシュベルは385円です。つまり、1回のレッスンの単価は高いです。

しかし、これには理由があり、DMM英会話とレアジョブには、カランメソッドとDMEメソッドがありません。

なぜなら、カランメソッドとDMEメソッドをレッスンの教材として、オンライン英会話で導入する場合、講師のトレーニングに時間と費用がかかるからです。

つまり、イングリッシュベルはレッスンの単価を犠牲に4倍で英会話が習得できると言われているカランメソッドとDMEメソッドを導入している。ということです。

イングリッシュベルは講師の人数が少ない

イングリッシュベルの講師の人数は本当に少ないのか?

他社オンライン英会話スクールはどれぐらいの講師が在籍しているのか?

今回は、イングリッシュベルとDMM英会話とレアジョブで比較してみました。

イングリッシュベルと他社の講師の人数の比較

イングリッシュベル DMM英会話 レアジョブ
120人 6500人 4000人

イングリッシュは120人に対してDMM英会話は6500人、レアジョブは4000人在籍しています。

もはや、他社と桁が違いますがその点の問題について説明していきます。

講師の数が少ないとどうなるのか?

講師の人数が少ないと、

・せっかくお気に入りの講師を見つけても人気なので予約が取れない

・そもそも予約したい時に空きの講師がいない

・お気に入りになるような講師がいない

という問題点が浮上しますが、イングリッシュベルの最大の売りはカランメソッドとDMEメソッドです。

そこで、先ほどのレッスン単価のところでも説明しましたが、カランメソッドとDMEメソッドを導入するには、講師のトレーニングが必要です。

つまり、講師はトレーニングされた精鋭です。ということは、講師の質を維持するために大量の講師を確保していないということです。

4倍で英会話を習得できるように、カランメソッドとDMEメソッドを導入する代わりに、講師の質をあげて数を減らしているということです。

カランメソッドとDMEメソッド以外のメリットがない

カランメソッドとDMEメソッド以外に、他社と教材の数を比較しても、採用している講師の数を比較しても、料金プランのお得さを比較してもメリットがありません。

唯一、講師の質が高いというところだけはメリットと言えるかもしれません。

ですが、イングリッシュベルは、カランメソッドとDMEメソッドに特化したオンライン英会話スクールと思えばそのデメリットも納得できるほど力を入れています。

カランメソッドとDMEメソッドに全力を注いだオンライン英会話スクールと思っていただければいいでしょう。

イングリッシュベルの口コミ 評判と体験談について

イングリッシュを私がいくらオススメしても口コミ 評判を見て皆の反応を見なければ不安なのは事実です。

そこで、イングリッシュベルの口コミ 評判を紹介していきたいと思います。

イングリッシュベルのTwitterでの口コミ

2chの掲示板での口コミ

・DMEメソッドとカランメソッドの両方を受講したけど違いがわからなかった

・反復練習は嫌でも勝手に頭に入る

・カランメソッドとDMEメソッドは歌の歌詞を覚えるのに近い気がする

・公式サイトが見やすい

などの口コミと体験談がありました。

 

>>イングリッシュベルの無料体験レッスンを見てみる

イングリッシュベルの評判は良すぎる

カランメソッドとDMEメソッドの違いがわからないと言ってる人はちらほら見かけましたが、メソッド自体をを悪く言っている人は見かけませんでした。

また、本イングリッシュベル自体を悪く言ってる人の口コミが本当に見当たらず、私のみならず世間の評判もよく、オンライン英会話においていかにイングリッシュベルがオススメか改めてわかりました。

イングリッシュベルの講師について

イングリッシュベルの講師について説明したいと思います。

講師の国籍 フィリピン
講師の人数 120人
講師の勤務地 オフィス
講師の性別 全て女性

イングリッシュベルの講師は全てフィリピン人の講師

フィリピン人は私たち日本人と同じようにノンネイティヴスピーカー、つまり、母国語が日本語ではないです。

私たち日本人と同じで母国語が英語じゃないのに本当に英会話が教えれるのか?とお思いでしょう。

そこで、フィリピン人の英会話の実力について説明していきます。

フィリピン人はノンネイティヴスピーカーとして世界一の実力

フィリピン人は、母国語が英語でない人たちの中で世界で一番の実力があると言われています。

つまり、フィリピン人が話す英語は、世界から評価されており、世界的に通用します。

また、日本人は先進国の中では、英語力は出遅れています。

「本当にフィリピン人の講師で英会話が習得ができるのか?」という懸念をする前にむしろ見習わなければいけない存在です。

アメリカなどの外資系企業がコールセンターを設置している

フィリピンには、アメリカなどの外資系企業がコールセンターを設置しています。

つまり、フィリピン人にはコールセンターで電話対応ができるほどの英語力があります。

イングリッシュベルは講師の質の維持を大事にしている

イングリッシュベルは国際規格ISO9001で品質基準による管理体制に置いています。

国際規格ISO9001とはなんなのか?と言いますと、品質マネジメントシステムという顧客満足を目的とした質の高いサービスを提供することを目的とした国際規格です。

つまり、イングリッシュベルはオンライン英会話で質の高いレッスンを国際規格に沿って提供します。という意思表示です。いかに質の高いレッスンを維持することを心がけているかがうかがえます。

それだけでなく、イングリッシュベルは、質の高いレッスンを提供できるようにプロセスや研修を実施して講師の質の向上を目指しています。

また、英会話の実力でけではなく、あなたがフィリピン人の講師に馴染みを持ってもらえるように、日本の文化や習慣についての研修も実施して、日本人である私たちが親しめるような姿勢でレッスンにを受講できるように努力しています。

イングリッシュベルはオススメか?

 

結局のところイングリッシュベルはオススメなのか気になると思うので、説明していきます。

イングリッシュベルは初心者であればあるほどオススメ

イングリッシュベルは初心者であればあるほどオススメです。つまり、超初心者におすすめです。

なぜ、超初心者にオススメなのか?説明していきます。

カランメソッドとDMEメソッドは初心者におすすめ

まず、日本の義務教育過程、つまり、小〜高校生において英語の学習とは、机上での勉強が大半を占めています。だから、日本語を英語に訳する能力ばかり鍛えられてきた人が大半です。

TOEICや受験勉強などの資格や進学の勉強では確かに日本の机上の勉強が効率的ですが、英会話では全く役にたちません。

なぜなら、日本語から英語に訳している間は会話が途切れてしまうのでネイティヴの会話のスピードについていけません。

ですが、カランメソッドとDMEメソッドは「英語で理解して英語で話す能力」英語脳が鍛えられるからです。

つまり、カランメソッドとDMEメソッドは今まで机上の英語の勉強で文法や単語の知識などの基礎ができている日本人のための学習方法と言っても過言ではありません。イングリッシュベルは日本人にオススメです。

まとめ

イングリッシュについてまとめますと以下の点が挙げられます。

・カランメソッドとDMEメソッドのあまり違いはわからないが日本人の学習方法としてはオススメ

・レッスンの単価は385円で高いし、講師の人数は他社と比較しても少ないけど質のいい講師が揃っている

・初心者であればあるほどオススメだが、上級者用のビジネス英語まで対応している

・今まで机上の勉強で基礎ができている日本人のこそオススメ

他にもイングリッシュベルは体験レッスンが無料で2回受講することができます。

無料体験レッスンを受講すると、1回目はあなたのレベルを測定するレベルチェックのテストです。

ですが、2回目からはカランメソッドとDMEメソッドが受講できるので、繰り返し反復練習することが以下に効率よく覚えれるか驚くことでしょう。

>>イングリッシュベルの無料体験レッスンを見てみる

オススメのオンライン英会話

DMM英会話

評価
  • 国籍100ヵ国以上の講師が7000人以上在籍
  • 65種類の教材が全て無料で使える
  • 24時間365日いつでもレッスンが受けられる
  • iknowという学習アプリが入会したら無料で使える

 

レアジョブ

  • 1レッスン129円〜レッスンが受けられる
  • 累計会員数60万人以上
  • ビジネス英会話にも強い
  • 4000人以上の講師が在籍している
  • 日本人のカウンセラーがあなたの学習をサポート

ネイティブキャンプ

  • 月額5,500円で無制限で何度でもレッスンが受けられる
  • 24時間365日いつでもレッスンが受けられる
  • レッスンの予約がいらない
  • ブラウザを使ってレッスンをするのでスカイプの初期設定が不要
  • カランメソッドが受けられる

人気の記事一覧

1

オンライン英会話で会員数No.1のDMM英会話。 大人気のDMM英会話は、なぜ人気があるんでしょうか? 今回はDMM英会話の口コミ 評判と体験レビューを紹介します。 まずはDMM英会話の特徴を紹介しま ...

2

月額980円で入会できるスタディサプリ ENGLISH。 コスパ最強と言われていますが、実際のところどうなんでしょうか? 今回はスタディサプリの口コミ 評判やどんな人に向いてるアプリなのかまとめてみま ...

3

Gltas英会話はリニューアルしてKimini英会話に名前が変更しました。 リニューアルしてサービス内容は変わったんでしょうか? 今回はkimini英会話を受けた体験談と口コミ 評判について調べてみま ...

-イングリッシュベル, オンライン英会話

Copyright© 英語学習サポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.